火渡り祭

火渡り祭は、毎年10月の第3日曜日
(今年は中止といたします)

当山の「火渡り祭」は、毎年10月の第3日曜日に修験道の山伏によって行われる柴灯大護摩の修行です。
修験道とは、日本古来の自然崇拝信仰に、仏教ことに密教、神道、道教、陰陽道などが習合した宗教です。また各地の霊山や吉野の大峰山にて厳しい入峰修行を行っているものを山伏といいます。
火渡りとは、柴灯護摩の浄火を素足で渡り、一切の罪障を焼き清めるという功徳を授かる修行です。火渡り祭後半には、火をならして温かい土にした上を一般の方も火渡りすることができます。

<< 火渡り祭次第 >>

阿字門・問答の儀  阿字門

はじめに柴灯護摩の道場を開き、入場の主旨が宣言されます。

 

招待の儀                 招待

大導師さまのご一行が入場いたします。

 

笈渡の儀                 笈渡し

ご本尊さまを祭壇に安置し修法のご加護を祈ります。

 

床堅の儀                 床堅

行者の心身を清め、ご本尊さまのご加護を受けます。

 

法斧の儀                 法斧

護摩の薪を切り、壇上が結界されます。

 

法劍の儀                 法劍

道場内陣の魔を祓い、強い結界を祈念いたします。

 

法弓の儀                 法弓

道場外陣の魔を祓い、強い結界を祈念いたします。

 

表白の儀                 表白

柴灯護摩の真義が啓上され、大導師さまが皆さまの諸願成就を祈念されます。

 

閼伽の儀                 閼伽

清らかな水を注ぎ、ご本尊さまご降臨の場所を定めます。

 

点火の儀                 点火” width=

護摩の薪に聖火を点じます。

 

護摩木祈願             護摩木祈願

皆さまから寄せられた護摩木を柴灯護摩に投入し、所願成就を祈念します。

 

湯加持の儀             “湯加持”

火生導師が熱湯に浴してご本尊の三昧に入ります。

 

火伏の儀                 火伏

火渡りに先立ち、火生導師が火伏の法を修します。

 

火渡の儀                 火生三昧

火生三昧火渡りの大法を修します。火生導師に続き先達が火渡りをいたします。

 

参詣者の火渡り     参詣者火渡

参詣の皆さまが火渡りをいたします。
毎年、火渡りでご利益をいただいたと、感謝の報告が寄せられます。