よくある質問

よくある質問をまとめてみました。
質問をクリックすると回答が表示されます。

  厄よけ・災難よけに関する質問 

厄年よけ・災難よけとはどんなことですか?

厄よけとは、人生におとずれる運気異変の時です。「厄年」に病気・事故などの大きな災いからお守りいただけるよう祈願することです。また、災難よけとは、「衰運・表鬼門・八方ふさがり・裏鬼門」の年回りの時に、それぞれ運気が「衰退・変動・浮沈・渋滞」となりますので、諸事災いのないよう祈願することです。
令和3年の「厄よけ」「災難よけ」は、早見表をご確認ください。

予約は必要ですか?

基本的に予約は不要ですが、行事日に重なる場合もありますので、事前にご確認ください。

駐車場はありますか?

無料の大駐車場がございます。

喪中なのですが、厄よけにいってもいいのですか?

かまいません。厄よけや災難よけなどをされ、1年間を無事に過ごせるようご祈願いただけます。

本人がお参りできないのですが?

本人がお参りできない場合は、代理の方がお札をお受けするか、メールやFAX、ハガキでもお願いできます。

 お札に関する質問 

一緒に行ったとき、本人以外の家族も本堂に上がれますか?

どなたでも参拝することができますので、ご自由にご参拝ください。

いただいたお札はどうすればいいのですか?

神棚や仏壇、または床の間・かも居・棚やタンスの上などの清らかな場所に、お札が北を向かないようにお祀りください。

よそのお寺(神社)で祈願してもらったお札と一緒にお祀りしても良いですか?

一緒にお祀りしても差支えありませんが、一年のお守りの後は、ご神仏への
 感謝と共にご返納ください。

「受験合格」のお札は、試験が終わったらどうしたらいいのですか?

ご神仏に「一年間お守りいただきありがとうございました。」と
 感謝の祈りと共にご返納ください。

厄よけにも災難よけにも当たっていないのですが、何をお願いすればいいのでしょうか?

「家内安全」「開運成就」「身体健全」をおすすめしています。

「当病平癒」と「身体健全」はどの様に違うのですか?

一年を健康に過ごせるように祈願する場合は「身体健全」をおすすめしています。
また、ご病気が治るように、良くなるようにと祈願する場合は「当病平癒」を
 おすすめしています。
また、御札で「身体健全」を祈願されて、護摩木で「(病名)平癒」と祈願される方も
 いらっしゃいます。
(御札と護摩木のちがいを教えてください?をご参照ください。)

お願いした本人以外でも本堂に上がれますか?

どなたでも参拝することができますので、ご自由にご参拝ください。

厄よけ・災難よけはいつすればいいのですか?

新しく年を迎えるまでに祈願をお願いして備える意も込めて、
「厄よけ」「災難よけ」にあたる年の節分(旧暦の正月)までにされる事を
おすすめしています

二万円の大護摩札と五千円の護摩札ではご利益がちがうのでしょうか?

祈願は同じように行っておりますが、大護摩札はお導師様が自ら手に取って
 祈願されます。他にも授与品が付きます。
五千円の護摩札にも御供米が付きますので、一緒にご飯に炊き込んでご家族でお召し上がりください。

お札と護摩木のちがいを教えてください?

厄よけ・災難よけなどの願意を記し、お護摩でお加持して、家や会社に1年間お祀りする護符を「護摩札」といい、「○○成就」などの願意を記し、お護摩の浄炎でお焚きあげし、祈願するものを「護摩木」といいます

 お焚き上げ関する質問 

よそのお寺や神社の古いお札を納めてもいいでしょうか?

お札・お守りは、どちらのお寺や神社のものでもお納めいただけます。

しめ飾りや松飾りなどをお焚き上げしていただけますか?

お札・お守り以外は一切お焚き上げできません。今までの感謝とともに浄塩を一緒に納め、自治体に沿ってお出しください。提灯・だるま・熊手なども同様です。

古い人形はどのように処分したらいいのですか?

人形供養をしているお寺に納めてください。なお、新座観音ではお引き受けできません。

お盆ちょうちんはどのように処分したらいいのですか?

浄塩を一緒に納め、自治体に沿ってお出しください。

 お守りに関する質問 

新座観音のお守りと、よそのお守りを一緒に身につけても
差支えありませんか?

一緒に身につけてもかまいませんが、お守りいただいた後は
それぞれのご神仏に、感謝の心で御礼参りすることをおすすめします。

お守りが壊れてしまいましたが、どのようにしたらよいでしょうか?

お守りいただいた証となりますので、感謝の心を添えて新座観音に
お納めしてから、新しいお守りをお受けください。

家を守るお守りはありますか?

「家内安全」の祈願札や、古来より魔を祓うとされる「ハマ矢」はいかがでしょうか。

「おみくじ」を結んでいる人が多いようですが、持ち帰っても差支えありませんか?

お守りとして持ち帰られても、結んで帰られてもかまいません。

「大凶」などのおみくじは、吉に転ずるのを願って結ばれて
ゆかれる方もいらっしゃいます。

 参拝に関する質問 

新座観音というのはどちらの観音さまのことをいうのですか?

この寺を総称して「新座観音」といいますが、特に二階ご本堂に安置しております大日如来さまの胎内に、秘仏として納められている坂東三十三観音第17番札所の出流観音ご分身を「新座観音」といいます。

ペットを連れて参拝できますか?

初詣期間中は大変混雑いたします。ペットを連れてのご参拝は、ご遠慮下さい。

御朱印はやっていただけますか?

午前9時から午後4時まで受け付けています。
ただし、元旦から1月14日までは当山で用意したものをお渡しいたします。

仏さまがたくさんいらっしゃいますが、どの仏さまが一番偉いのですか?

「えらい」という表現は適切ではありません。大日如来さまを中心に、あらゆる仏さまも神さまも、すべて尊いものです。